MENU

SDGsとは「Sustainable Development Goals」

(持続可能な開発目標)

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

一般社団法人 全国専門能力検定協会 SDGs認定機構

SDGs は市場に変化をもたらすものであり、SDGs を無視した事業や活動は長期的に成り立たないことを示唆しています。
また、SDGs のゴールやターゲットに示された内容は、世界が直面する社会課題を網羅していることから、その解決を模索 することはビジネスにおけるイノベーションを促進する可能性を持っていると考 えられます。
中小企業にとっても、SDGs を知り、ただ学ぶだけでも、新たな気づきを呼び起こし、新しいビジネスを考える上でのよい指針になると考えられています。
そのために、(一社)全国専門能力検定協会では全国の中小企業を含むあらゆる 企業に対してSDGs理念や正しい知識の習得、そして取り組み推進を目的として「認定」および「育成」の観点から「SDGs認定機構」の展開を実施致します。

SDGs認定機構 認定委員長 紹介

認定委員長 溝田 勉 【元国連職員】

mizota

幼少期より、国連で働きたい…という夢を抱き、東京大学を経て、文部省に入省。

夢を実現するためにロックフェラーIII世、松下幸之助、稲盛和夫など数多くのリーダーが師事した中村三郎(天風)師の心身統一修行会へ参加。

ユネスコ中南米担当官として任命され海外に渡る夢を実現。
天風先生のメソッドを地肉化した経験を元に1967年より「潜在能力開発講座」を開講。
現在も人間ネットワークを創ることを使命に、後進の育成に当たっている。

東京大学および同大院にて医・教・文総合の健康教育・「人間の安全」専攻。
文部省入省後は、日本学術振興会国際事業部途上国拠点大学・論博担当を兼ね学術協力コーディネーター。

ユネスコ中南米担当官、ユニセフ南西アジア上級計画官、国連広報局(UNIC)駐日副代表を務めた後、長崎大学文部行政官として赴任、同大経済学部、熱帯医学研究所および医歯薬総合研究科を経て長崎大学名誉教授。

会員募集

SDGsに関する情報の共有、評価レポートによる現状の理解、eラーニングによる正しいSDGsの知識習得などSDGs経営の支援等を行います。

SDGs認定事業(コンサルティング)

「SDGs認定証」を付与し「信用性」、「公平性」、「見える化」を実現します。また企業内の推薦者にSDGsマイスターの資格取得者を目指していただき、
本協会コンサルタントと一緒に企業価値を高め、中長期の成長を実現するための戦略をデザインします。

SDGs講演・研修(講師派遣)

「企業が取り組むべきSDGs」のセミナーや講演を行なっています。商工会議所や青年会議所、各種業界団体、金融機関、企業研修などのご依頼にも対応いたします。

SDGs eラーニング検定

SDGs の基本的な理解、世界で起こっている課題やその取組に関する幅広い知識の習得をeラーニングにより目指す検定です。

SDGsスクール開設(開校)

本協会はグループ法人にて専門学校や通信制高等学校、資格取得スクールなどの
教育事業にも取り組んでいます。そのノウハウを活かし、SDGsスクールの開設(開校)
を支援しています。

PAGE TOP