プラスチックごみ問題の意外な救世主! 「バナナの葉っぱ」がビニール袋の代替品に

近年、著しい経済発展を遂げているベトナム。しかしその裏側には、環境汚染などの問題もあります。そのひとつが、プラスチックごみの処理問題。この問題の救世主としていま注目されているのが、なんとバナナリーフ(バナナの葉)です。

バナナリーフは、以前から料理などではよく使われていましたが、スーパーなどで小分け包装に使われるビニール袋の代わりに使うという新しい試みが進んでいるんです。伝統的に使われていたものを新たな用途に使うという、まさに温故知新の発想を紹介しましょう。

筆者は2009年からベトナムに住んでいます。実際にこの国で生活をするなかで、ごみに対する扱い方が日本とは大きく異なり、ごみ分別が緩いと感じてしまいます。プラスチックごみの増加も実感していますが、その背景には、急速な都市化による生活の変化があります。

例えば、スーパーやコンビニの拡大。ベトナムに住み始めた当初はスーパーマーケットがあまりなく、市場で買い物をする人が大半でした。もちろん市場でも商品をビニール袋に入れてもらうことはありましたが、野菜などは新聞に包んでもらい、持参したバックやかごに商品をそのまま入れて持ち帰るのが主流でした。

それがこの10年間で大きく変化。韓国系のロッテマートや日系のイオンが進出し、ベトナム系のスーパーも店舗数を増やしてきました。コンビニエンスストアも出店合戦が続き、中心部ではコンビニを探すのに苦労はしなくなったほど。昔はごみ袋を買っていたものですが、いまでは買い物でもらうビニール袋の数が増え、ごみ袋を買うことも少なくなったのです。ベトナムプラスチック協会の調査によれば、1990年にはプラスチック製品の消費量が一人あたり3.8Kgだったのに対し、2015年には40Kgに増えたとのこと。

また、東南アジアで人気の「Grab Food」などのフードデリバリーアプリの普及で、簡単にレストランの料理が注文できるようになり、料理用の容器や包装のためのビニール袋など、プラスチック製品が以前よりも多く使われるようになりました。

そんな状況のなかで、プラスチックごみ問題の救世主として登場したのがバナナリーフです。