ポーラが繰り返し使用可能なショッピングバッグを採用 CO2排出量削減などに貢献

ポーラは旗艦店のポーラ ギンザや百貨店のショッピングバッグに、石灰石を主原料とする新素材ライメックスを使用した不織布バッグを9月11日から採用する。同素材を使用したショッピングバッグは化粧品メーカーではポーラが初めての導入となる。

ライメックス製不織布を使用したショッピングバッグは繰り返し使用することが可能で、従来使用していた紙製バッグと比較して水や森林資源の削減に貢献できる。また、ライメックスを使用していない不織布バッグや石油由来プラスチックを使用したレジ袋などと比較しても石油資源の使用量を削減でき、焼却処分した際のCO2排出量を抑えることが可能となる。

なお、百貨店ではすでにカタログファイルや店頭コルトンの電飾ポスター、パネルシート、ステッカーなどにライメックスを採用している。また、全国のコスメ&エステショップ、ポーラ ザ ビューティーを含む同社の店舗でも11月以降、これまで使用していたポリエチレンバッグをライメックスのバッグに順次切り替える。

従来の紙製のショッピングバッグに関しても、11月中旬以降、森林保護につながる森林認証紙やボタニカルインキを採用し、プラスチックの紐を紙ひもに順次変更するなど環境に配慮した仕様のバッグに切り替える。さらに、「ザ・パックフォレスト環境基金」に参加し、紙バッグ仕入れ額の一部を、同基金を運営するザ・パックと地球と未来の環境基金(EFF)とが協働する森林保全および植林活動に役立てる。

そのほか、公式オンラインストアでは製品を届ける際にこれまでガムテープで閉じる仕様の段ボールにミラーマットを敷き、隙間に緩衝材を入れた状態で発送していたが、9月14日以降は、フィルム付きのパッドとワンタッチ式段ボールを採用し、緩衝材をはじめとする廃棄物の少ない資材梱包へと変更する。

同社は6月に、誰もが“美しく生きる”ことができる社会を目指す「サスティナビリティ方針」を策定した。また、2029年までのSDGsの目標数値を定め、ゴールのひとつとして「未来に、次世代に環境をつなぐアクション」を掲げ、主力商品のリフィル仕様やウェブパンフレット、森林認証紙やフェアトレード香料の使用、マイクロビーズ対応などに取り組んできた。今後も消費者への新たな価値の提供を前提としながら、環境に配慮したサービスを目指す。