岡山大学とベネッセがSDGsを軸に共同研究を決定

岡山大学、ベネッセホールディングス(以下、ベネッセ)は、2020年度から2022年度の3カ年をかけて、地域の持続可能性と「well-being:ウェルビーイング」の学術的研究を進めることを決定した。

直島メソッドならびに公益資本主義が、直島・犬島・豊島の3島を中心とした地域や住民のwell-being:ウェルビーイングにもたらした変化とそのメカニズムについて調査し、学術的な成果としてまとめるという。

岡山大学は、「SDGs に関する岡山大学の行動指針」を策定し、岡山大学 SDGs 推進本部などの体制を整備し、SDGs を推進しており、日本政府から国立大学で唯一の第1回「ジャパン SDGs アワード」特別賞を2017年に受賞。

「岡山から世界に新たな価値を創造し続ける SDGs 推進研究大学」として、地域とともに社会課題解決への取り組みをデザインし、そのプロセスを岡山から世界に発信し、また世界で実証している。

地域や世界のさまざまなステークホルダーと連携し、互いの経験や知見を持ち寄り、新たな知や価値を創り出す「オープンイノベーション」の取り組みを積極的に進めているという。

ベネッセグループは、利用者の向上意欲と課題解決を一生涯にわたって支援する企業グループとして、「教育」や「介護」分野を中心に社会課題の解決に取り組んでいる。

企業理念「よく生きる」を英語で well-being と訳しており、理念に基づいたベネッセグループの活動は、近年取り組みが加速する「持続可能な開発目標:SDGs」の目指す方向性や精神と根底で合致しているという。

持続可能な社会の実現に向けた取り組みをグループ全体で強化することを目的に、2018年度には、全常勤取締役を委員とするサステナビリティ推進委員会を設置し、グループの進む方向を示す「サステナビリティビジョン」を策定。

2019年度には、そのビジョンに基づき、事業戦略と連動した重点活動であるマテリアリティを決定している。

今回、両者は SDGs を軸に、2020年度から2022年度の3カ年をかけて、「well-being:ウェルビーイング」の学術的研究を進めることを決定したとのことだ。