志摩のイセエビやアワビを世界に発信 SDGs達成に向けNGOと協定

持続可能な開発目標、SDGsの達成に向けて、三重県志摩市は22日、海洋環境の保護を目的とするNGOと協定を結びました。

 志摩市では、水産業や観光業などの連携を強化し、豊かな自然を存続につなげる持続可能な社会づくりを提案しています。

 今回、志摩市が協定を結んだNGOのセイラーズフォーザシー日本支局は、絶滅危惧種などの貴重な水産資源を回復させるため、比較的豊かなカツオやブリなどの魚を優先的に消費しようという取り組みを進めています。

 今回の協定の締結によって、志摩市で取れるイセエビやアワビといった水産物の情報が世界に発信されるということです。