認定委員長 溝田 勉 のプロフィール

【プロフィール】

小学生の頃から、国連で働きたい⋯という夢を抱き、東大を経て、文部省に入省。
夢を実現するためにロックフェラー、松下幸之助、稲盛和夫など数多くのリーダーが師事した「中村天風会」に19歳の時に入会。
ユネスコ中南米担当官として任命され海外に渡る夢を実現。
天風先生のメソッドを地肉化した経験を元に1967年より「潜在能力開発講座」を開講。
現在も人間環境を作ることを使命に、後進の育成に当たっている。

【略歴】
東大および同大院にて医・教・文総合の健康教育・「人間の安全」専攻。
文部入省後は、日本学術振興会国際事業部途上国拠点大学・論博担当を兼ね学術協力コーディネーター。
その後、ユネスコ中南米担当官、ユニセフ南西アジア上級計画官、国連広報局(UNIC)駐日副代表を務める。
その後、長崎大学文部行政官として赴任、同大経済学部、熱帯医学研究所および医歯薬総合研究科を経て長崎大学名誉教授。

SDGs認定機構の組織について