学校法人第二岩永学園こころ未来高等学校(広域通信制高校・普通科)

【SDGsの取組みについて】

○校内居場所カフェ「ゆめカフェ」オープン
他団体と連携し、月に2回「ゆめカフェ」(無料の校内居場所カフェ)をオープン。生徒たちは月に2回無料でおにぎりゃお菓子、飲みものをいただきながら、穏やかな時間を過ごしています。

〇地域との交流
・特別養護老人ホームを訪問し、本校生徒によりメイクやネイルを入所者様におこないました。
・地域の小学生を学校へ招待し、ハロウィンパーティーを実施しました。

【代表者のコメント】

「地球上の誰一人として取り残さない」という基本方針のもと、等しく教育の機会を子どもたちに与え、地域に開かれた学校運営をおこなっていきます。

校長 平山 サナエ

【お問い合わせ先】

〒850-0822
長崎県長崎市愛宕3丁目19-23
(TEL)095-822-7733 (FAX) 095-822-6611
(URL) https://www.kokoromirai.ed.jp/


株式会社朝日テック

【SDGsの取組みについて】

弊社は、日米の画期的な技術による藻場礁(ハイブリッド型リーフボール)で、砂漠化した磯焼けの海岸に藻場造成の沿岸砂地実海域実証試験を進めています。世界に先駆けての実証試験は、長崎県西海市西海町沿岸と長崎市高浜町沿岸で施行され、潜水モニタリングで沈設後僅か数か月間に著しい藻類の繁茂が実証されています。国連は「世界の人口は2050年に95億人と予測し、人類の食料は豊かな海の再生から供給される魚介類が必須である。そして地球上の3割のCO2は沿岸の海藻がグリーンカーボンを固定化し、海底を活性化する。」と報告し、地球規模の藻場造成を提唱しています。私たちはSDGs 2:飢餓をゼロに、13:気候変動に具体的な対策を、そして14:海の豊かさを守ろう の3項目をベースに藻場造成に真剣に取り組んでいます。

【代表者のコメント】

2030年を目標に、SDGsの項目2,13,14を指針として、日本から地球規模の藻場造成を、社是「たゆまぬ挑戦」で実践しています。

代表取締役 池田 修

【お問い合わせ先】

〒850-0976
長崎市毛井首町506番地
(TEL)095-878-5710 (FAX)095-878-5436
(U R L)