SDGs目指す電力小売りや循環型農業の町などを表彰

国連が掲げる持続可能な開発目標「SDGs」。その達成に向けて活動する企業や団体に贈られる「ジャパンSDGsアワード」に東京の電力小売り会社などが選ばれました。

 受賞団体への表彰が21日午前に行われ、「みんな電力株式会社」に総理大臣賞が贈られました。再生可能エネルギーの電力販売を通じて、地域間の連携を促進したと評価されました。官房長官賞に資源循環型の農業に取り組む北海道の上士幌町など、外務大臣賞にラオスで障害者らへの職業訓練支援を行うNPOなどが選ばれました。SDGsは気候変動や格差などの幅広い分野で2030年までに達成するべき目標を定めています。政府は21日に来年の行動計画を決定し、盛り込まれた施策は予算規模で6.5兆円に上ります。